家賃債務保証の利用|評判のマンション経営や家賃債務保証まで|日本賃貸保証の場合

評判のマンション経営や家賃債務保証まで|日本賃貸保証の場合

レディ

家賃債務保証の利用

女の人

家賃債務保証とは、賃貸借契約時に必要な連帯保証人を、親族等に代わり、手数料を得て第三者が保証人となることです。家賃の滞納などがあった場合、代位弁済といって借主への支払いを立て替えます。その後立て替えてもらった金額を支払います。親族に連帯保証人を頼めない方や高齢者の方など、保証人を探すのが難しいという方は、家賃債務保証を利用すると良いでしょう。連帯保証人が不要な物件もありますが、そちらは家賃債務保証を利用していることが前提となっている場合もあります。賃貸仲介会社から家賃債務保証会社を紹介されることもあります。貸主にとっても、家賃滞納のリスクが減らせることや、連帯保証人としての信用も高いというメリットがあります。障がい者世帯や外国人滞在者にもこの制度はメリットが強いです。しかし家賃等の滞納があった場合、貸主や不動産管理会社による催促とは違い、取り立てが厳しくなりやすいところには注意しましょう。立て替えてもらう代位弁済が増えたり、家賃債務保証会社への支払いができなくなると、退去しなくてはならないこともあります。保証料については会社によって異なりますが、家賃の半月分または1か月分などの会社もあります。2年ごとの更新時には、少々安く設定される場合もあるので、確認しておくと良いでしょう。注意すべき点や気になる点は、相談時に確認しましょう。連帯保証人を探すことが困難な方は、家賃債務保証をうまく利用して、安心した賃貸借契約が行えるようにしましょう。