マンション経営の流れ|評判のマンション経営や家賃債務保証まで|日本賃貸保証の場合

評判のマンション経営や家賃債務保証まで|日本賃貸保証の場合

レディ

マンション経営の流れ

集合住宅

マンション経営は都市部やその通勤圏内にある土地にマンションを準備し、入居者に部屋を貸与して毎月家賃を得る賃貸事業です。まずマンションを準備し、入居者を募集します。それから入居者と賃貸借の契約をし、物件の管理を行います。入居者の退去があった場合は、また再入居者を募集する、という流れが一般的です。毎月の家賃のほか、入居時の礼金も収入に含まれます。入居者の募集を不動産会社に委託する場合は、仲介手数料を支払うことになります。また、物件の管理を管理会社に委託した場合も管理費を支払います。そのほかにも住居を準備する際の資金などが主な支出となります。多くの方は、住居を準備する際の資金を金融機関から借り入れます。その後、入居者からの家賃収入で返済していきます。返済後は家賃のすべてが収入となります。マンション経営は安定した収入を得られるため、資産運用の中でも人気があります。急激な価値の変動もあまりなく、不動産は景気変動の影響も少ないです。所有権についても国が登記保全するため、所有に関しての不安がないことも強みです。マンション経営の場合は、1棟全体ではなく1部屋を区分所有する方法でも購入が可能です。そのため小額投資から始めることができます。様子を見て部屋数を増やすことも可能なため、挑戦しやすいといえます。賃貸不動産は家賃収入があるので、ローン完済後は不労収入となります。インフレに強いことも魅力です。小額の投資からでも簡単に始められるマンション経営は、資産運用の中でも安定した人気を誇っています。